メガネかけたおっさんのひとりごと

たぶん統一性のない日記となるでしょう。

テレビドラマ 鈴木先生2話

給食問題の回。

 

出水君(北村匠海)の給食中の下品な暴言。

なんで下品な暴言を目の前に座る中村さんに吐いたか?

給食食べる時に左手をお膳やお皿に添えていない、(左手をテーブルの上に出していない)ということが耐えられないということだった。

 

うちも子供の頃からご飯食べる時は左手出さないで食事することや、ひじをついて食べたりするは行儀が悪いと注意されてた。

さらに出された物を嫌いだから食べたくないなんて言ったら即手が飛んできて明日から飯食わせねえぞ、とまで言われてたので食べ残すのもできなかった。

その上、ご飯食べながらテレビ見ることも許されず、夕飯頃と言えば昔はアニメや特撮モノが放送されていたので食べ終わるまで見ることができなかった。


 

家庭によって躾のしかたはそれぞれ違うから、家庭によっては行儀の悪いことを教えてもらってない子供もいるんだろうと思う。

鈴木先生は出水君が暴言を吐いた原因の中村さんが行儀の悪い食べ方をしていたことを話し正しいと思われるマナーをクラスに強制せず、心にとめておいてほしいと話した。

 

給食の酢豚メニューが不人気のため酢豚廃止問題の時も鈴木先生は学校全体にアンケートをとって、クラスで考える時間をとっていた。

 

 

このドラマが話題になっていたので再放送を録画しておいたが、ハレンチでひっちゃかめっちゃかなドラマなのかと勝手に予想していたが、観てみるとぜんぜん良いドラマ。

鈴木先生がおこった問題をクラス全体に考えさせている。

 

先生方キャストもおもしろいし、生徒役で今大活躍の土屋太鳳と北村匠海が出てたなんてびっくりした。

アイドルや若い俳優に疎くなった俺でもわかった。