メガネかけたおっさんのひとりごと

たぶん統一性のない日記となるでしょう。

テレビドラマ 鈴木先生1話

何年か前に録画しておいたのをまだ観ていなかったので、GW中に観た。

 

初回から中2男子と小4女子がセックスしたという性の話。

 

大事なのは実年齢じゃなく、精神年齢が重要と鈴木先生は中2の岬君に考えさせる。

岬君は自分で考え、納得し、自分がしたことを反省し、小4女子のお母さんに謝罪する。

 

小4女子の母親役に手塚理美

他のドラマで行き過ぎた役やズレた役が

結構多く見事にハマっていたので、また強烈なお母さん役になるのかな?と思い

きや、普通なお母さん役でした。

 

ドラマの中で中学校で避妊のしかたとか教えてる授業あったけど、今はどこの学校でもやっているのだろうか?

俺が中学生の頃は避妊のしかたの授業なんてあった記憶がない。

今は早くから教えるんだな、とびっくり。

中2でやりまくって、付き合っても長く続かなくて虚しくなって、心から好きな人に出逢えた…とかっていうのもびっくりでした。

自分の中2の時を思い出すと、初体験なんてまだまだなのに、心から好きな人に出逢える歓びなんてわかるわけがない。

 

自分がこの子の親だったら、自分の中2の時とかけ離れすぎて真剣に向き合って話しあえるか疑問を感じる。難しい。